蓮田の分譲住宅からマンションへ

私は今まで住んできた蓮田の分譲住宅は2部屋とも、ほとんど不満なく住むことができました。
その2部屋とも探す際に共通することがあります。それは、いくつかの不動産屋を回ってみることです。ここの不動産屋にしかない、という物件はそんなにはありません。では、なぜいくつも回るのかというと、お店ではなく色んな担当の人についてもらう、ということが大事なのです。不思議なもので、同じ希望の間取りや駅までの時間や家賃を提示しても相手によって薦めてくる物件が違うのです。前に行った不動産屋の人に薦められた物件が次に行った不動産屋の人には「うーん、これよりは」と言われることもあります。実際、今私が住んでいる部屋も最初の人には「いや、それはちょっと条件的にどうかなぁ」と言われましたが、違う人に薦めてもらい実際見に行くと自分の好みと希望にドンピシャでした。なので、私の賃貸マンションを探すコツは、色んな不動産屋で色んな担当の人に薦めてもらうことです。

マンション周辺は便利が良いので気に入ってます

品川区駅から徒歩5分以内に高級賃貸マンションがあるので、帰宅時間が遅くなっても周辺が明るいので安心して帰宅できるのは心強いです。また、帰宅途中に夜遅くまで営業しているスーパーや24時間営業のコンビニもあるので色々充実しているので、とても住みやすくて気に入ってます。よく買い物は帰宅途中でしますが、便利がよいのですぐ欲しい物も入手できるので快適感を味わえます。マンションは管理人さんがいるので、清掃なども業者の方が来て行い、入り口付近も綺麗でマンション内も掃除が徹底されているので気持ちよく過ごせます。エントランスも明るいので帰宅するとパーっと明るい気分になれ、気分転換できるのは何より嬉しいですし、住み心地がよいのでリラックスできます。

冬になると欲しい、浴室周りの床暖房。

マンションの設備に関しては、さほどこだわりはないのですが、それでもどうしても欲しい・・と思うのが、浴室と脱衣場の床暖房です。高齢の母がおり、心臓が弱いので、お風呂と浴室外の温度差によるショックが心配なんです。もちろん私も、冬のお風呂に入るときはとにかく寒くて辛いです。バスタブにお湯を張る夜でしたら、浴室内は比較的暖かいのでいいのですが、シャワーのみの朝は浴室内が寒くてたまりません。温かいシャワーを浴びている間はともかく、シャワーを止めてしまうと寒くて、冬はついシャワーを出しっぱなしてしまいます。毎年冬は水道代も上がってしまうんです。