浅草の賃貸物件探し

賃貸マンションのお部屋探しをする時に、漠然といきなり不動産に行っても、どの物件が良いのか解らず、不動産屋さんが早く契約させたい物件を勧められ、言われるがままの部屋になってしまいます。まずは仕事が休みの日のプランを立ててどのように過ごしたいか思い浮かべると、どのエリアに住みたいか決まります。海の近くか、繁華街の近くか、山手の方か、静かな所か、騒がしい所かなどを、セレクトしておくと住むエリアが決まります。そこで、良い物件を見つける1番のコツはインターネットのあらゆる不動産のサイトを開けて、そのエリアの物件を閲覧して行きます。そうすると、間取り図面ももちろんですが、写真も付近の様子も全部閲覧できます。不動産に行くよりもネットの方がイメージが解りすぐに自分の希望にマッチする物件を見つける事が出来ます。

まずは街を調べる

定番の雷門をはじめ浅草寺は常に観光客で賑わっています、しかし、早朝に訪れてみるとまるで違う場所かのような静けさであり、開店前のお店はシャッターで閉ざされていますが、そのシャッターには浅草ならではの絵が描かれているので、シャッターが閉まっているときにしか観れないものです。早起きをしてお散歩をすれば人もいないのでゆっくりと写真を撮るなりお参りすることが出来ます。また、浅草寺から歩いて10分程の所に新しく「まるごとにっぽん」という施設が建ちました。日本全国の良さを知れる、外国人の方は勿論、私たち日本人も改めて日本の文化に触れることが出来る施設で、体験コーナーや各都道府県の名物を観る、買う、食べられます。浅草に住んでいればここで各地の美味しい食材を揃えることが可能になりますね。賑やかな仲見世通りからいくつも分かれる路地にもコンビニや薬局、衣服などの販売、と日用品を置く多くのお店が連なっているので普段の買い物にも困りません。観光客向けの美味しいグルメ店のほか、気軽に入りやすいフランチャイズのチェーン店もあります。吾妻橋の方面へ向かえば隅田川が流れており、乗船も可能ですし、景観も良くスカイツリーも近くで眺められます。そうだ、浅草の賃貸に住もう。

全てが自分ペース

私は18歳で下宿を始めたので、10年以上一人暮らしをしていました。一人暮らしで一番に感じたことは寂しさよりも、全てが自分ペースで行えることの喜びです。実家が古い一軒家だったので、綺麗なマンション生活ができる嬉しさでした。どれだけ夜更かししようが誰にも咎められず、好きな物を好きな時に食べられ、好きなテレビや音楽を好きなタイミングで楽しめます。当時付き合っていた彼もいつでも遊びに来てもらえ、実家にいては出来なかったことがたくさん叶いました。一度実家を出て自分ペースの生活をしてしまうと、今度は実家にいる時に、自然と自分ペースを貫けられないからか、ストレスが溜まるようになり、一時の帰省の後、我が家に着くと、ほっと安心するようになりました。一人暮らしをした事によって、両親への感謝も感じることができます。光熱費がどれくらいかかってしまうのか学び、何か家での問題が起きても、自分で対処するしかありません。自分でお掃除できないところはエアコンクリーニング会社に頼みます。帰った時に誰かがいてくれる安心感が当たり前でないことも学べます。自由が手に入った分、自分で取るべき責任も生じるので、とても良い社会勉強になりました。今では結婚し、家族との生活を過ごしていますが、一人暮らしの自由さに憧れながら、当時得られた経験を糧に、新しい家族との生活を上手に作り上げていけていると思います。

今すんでいるところ。

今住んでいる所は浅草にある3階建の駅近の賃貸マンションの一階です。鉄筋コンクリートだそうです。前に住んでいたのはコーポの二階でした。二階に上がる階段が急で妊娠中は転ばないか不安でした。今は一階なのですぐに家なので買い物をしたあとなど荷物が多くても楽チンなので助かります。あと、マンション専用のごみ捨て場があるのがとても助かります。粗大ごみを出すときもそこに集荷に来てもらえるので置いておく場所に困ることもありません。駐車場も一台はもともと付いてますが、二台目以降も同じ駐車場の敷地内に借りられるので遠くの別の場所に借りる必要がないのも助かっています。古くからあるマンションなので住んでいる人も優しいおじさん、おばさん達でわからないことは教えてくれるのでここに住んで良かったと思っています。